Femap with NX Nastran

NX Nastranは、40年以上にわたって、応力、振動、構造的な不具合、熱伝導、音響、および空力弾性を解析するための業界標準の有限要素ソルバ―です。すべての産業において、ますます短くなる設計サイクルタイムの中で、安全かつ信頼できる最適な設計を行うために利用されております。殆どの構造分析の問題を解決するための入力/出力ファイル形式を同じにすることができるため、モデリングプロセスを大幅に簡略化できます。

Femap with NX NastranはプリポストアプリケーションFemapとNX Nastranが統合され、モデル作成から解析、結果処理までを1つのアプリケーション内で処理することができます。

femapwithnastran%e8%a3%bd%e5%93%81%e6%a7%8b%e6%88%90

 

Femap With NX Nastran / Basic Bundle

ものづくりに革新をもたらす、ファースト・ステップ

Femap with NX Nastran Basic(ナストラン)は、日常的な解析タスクを処理するための、基本的な構造と熱解析の機能をコンパクトにまとめたものです。構造物の安定性を評価し、材料の強度基準に照らし合わせることで設計の健全性を評価します。NX Nastranは定評あるNASTRANをベースにし、Siemens PLM Software社が独自に改良したもので、合理的で高速な面接触評価、メッシュパターンを気にせず接続できる固着機能など優れた能力を備えます。

さらに、ものづくりの現場で急増している大規模解析への要求に対して超高速ソルバーや標準仕様のメモリ共有型並列処理(SMP)、GPGPUによる超並列化計算にも柔軟に対応します。

解析機能 できること
□線形静 変形が小さい場合の静的な変形と応力計算。面接触を考慮できます。
□固有値 共振周波数とその揺れ方(モード形状)、有効質量(取付位置での見かけの質量など、重要な情報が得られます。固着が考慮できます。
□スペクトル応答 衝撃や地震などの加振スペクトルが与えられれば、
構造への最大負荷を近似評価することができます。
□座屈 静的荷重に対する構造の安定性を評価します。
作用荷重の何倍で座屈(分岐座屈)するかを求めます。固着が考慮できます。
□非線形静 静的に変形が大きい場合や材料が降伏する現象を評価します。固着が考慮できます。
□非線形過渡 過渡現象で、大変形や弾塑性の評価ができます。固着が考慮できます。
さらに制御システムを組み込んで制御系の評価も可能です。
□定常熱伝導 熱均衡状態にある温度、熱流などを評価します。固体熱伝導、対流、移流、
さらに形状から形態係数を自動計算し、輻射熱伝達も考慮します。固着が考慮できます。
□過渡熱伝導 過渡現象で、大変形や弾塑性の評価ができます。固着が考慮できます。
Femap with NX Nastranならではの優れた機能
All in ONE モデル作成から解析、結果処理までを1つでできます。
多様なCAD、FEMプログラムにも対応します。
CAD)
Parasolid, ACIS, IGES, STEP, NX,SolidEdge, SolidWorks, Pro/ENGINEER, CATIA
FEM)
NASTRAN(NX/MSC/NEI/COSMIC/CSA), LS-DYNA, ABAQUS, ANSYS,MARC, I-DEAS, CAEFEM, COSMOS. STARDYNE, STAAD, SAPIV,MtabStress, SINDA, CFDesign, ほか
線形接触 線形静解析で摩擦面接触を考慮できます。並列処理に対応し、高速計算できます。
固着 全解析で不整合メッシュ間の熱機械結合ができます。オプション設計評価が簡単にできます。
大規模高速処理 64ビットネイティブで計算を行います。SMP(メモリ共有並列処理)、GPGPU(グラフィックボード、超並列モジュール)も標準で利用できます。
仮想流体 水などの流体の影響を考慮します。スロッシングの簡易評価が可能です。
制御 伝達関数を定義して、自由にフィードバック制御をモデルに組み込めます。

Femap with NX Nastran/Dynamic Response:線形動解析

ダイナミクスを征するための、ベストソリューション

Dynamic Response(ダイナミック・レスポンス)は、Femap with NX Nastran Basicへの追加オプションで、包括的な線形解析がご利用頂けます。多くの産業機器は動的な荷重を受けます。荷重を受ける構造物の、動的な挙動を時間領域(時刻と応答)と周波数領域(周波数と成分)を多角的に解析することで、動的リスクから守る設計を実現します

解析機能(Dynamic Response)

□線形過渡解析
時刻歴で構造の挙動を評価できます。解析結果として、応答スペクトルも得られます。地震応答、機械構造振動、制御系評価、仮想流体連成、音響流体連成、固着
□周波数応答解析
一定の周波数の振動に対する構造の挙動を評価できます。 周波数特性評価、音響評価、仮想流体連成、音響流体連成、制御系評価、固着
□ランダム応答解析
地震動、音響などの統計的なばらつきのある加振源による振動挙動を評価します。
確率評価での周波数特性評価、音響評価、仮想流体連成、音響流体連成、制御系評価、固着、最大確率負荷予測(応力、変形)
□スペクトル応答解析
衝撃や地震などで構造物が受ける負荷の度合いを見積もる近似的手法です。
実固有値解析の応用ととらえることができ、 比較的少ない計算コストで設計上必要な強度評価が可能になります。
□複素固有値解析
減衰や制御系を考慮した、振動と動的安定性を評価できます。 減衰固有振動評価、制御系評価、安定性(自励振動)評価、 仮想流体連成、音響流体連成、固着、最大確率負荷予測(応力、変形)。
□周期対称
エネルギー効率への強い要請から、タービンや、ジェットエンジンなど、 原動機に関する解析はきわめて重要です。これらの機器は一般にきわめて複雑で、 最新鋭の計算環境でも全体モデルを一度に評価することはほぼ不可能か、できても非効率的です。 周期対称モデルは対称性を利用し、構造を基本形状に 還元することで、モデルを簡略化し、高速で効率的な動的/静的な解析を実現します。
□音響解析

NASTRANの音響解析では、液体や気体が充満した容器(キャビティ)の中で構造がどのように 振動するかを確認する解析で、自動車や航空機の内装、楽器、ラウンドスピーカー、固体燃料ロケット等で使用されています。 微小な振動であれば流体と構造を連成を考慮しながら、広範囲の問題を取り扱うことができます。

Femap with NX Nastran/Rotor Dynamics:回転体動解析

回転体のダイナミクスを解き明かす

Rotor Dynamics(ローター・ダイナミクス)はNX Nastran Dynamic Responseに、高度な回転体動解析機能を追加します。モーター、発電機、タービン、風力発電機、回転翼などの回転体を扱うことができます。回転体の設計で欠かせないキャンベル線図を出力し、回転速度と固有モードが重なる危険速度を割り出し、より安全な設計を実現します。

解析機能 できること
□回転体 非対称な形状の回転体をモデル化し、高度な安定性評価が可能です。
□安定性評価 回転速度が変化した場合の構造安定性をキャンベル線図、モード形状で示します。
□過渡応答 スピンアップ時の危険速度を抜ける様子を評価できます。
□周波数応答 定常回転での挙動・安定性を周波数領域で評価できます。

Femap with NX Nastran / Optimization 設計感度最適化モジュール(SOL 200)

静的、動的な荷重を受ける構造の最適化を図ります。板厚、ハリ形状などの部材パラメータ、材料特性を調整し、必要な寸法、材料特性を導きます。
実物の結果とFEMモデルを合わせ込むことも可能です。(線形静、固有値、過渡、周波数)

Femap with NX Nastran / Advanced nonlinear 高度非線形

非線形構造解析プログラムADINAのサブセットとして提供される機能で、Nastranで提供される非線形解析機能に加え、面接触問題、大ひずみ大変形、材料非線形と温度依存性の同時考慮、衝突破壊問題等、高度な非線形問題を取り扱うことができます。

advnonl

Femap with NX Nastran / Advanced Boundle

NX Nastranアドバンスドソリューションでは、そのたの多様な要求に応える高度な機能を提供しています。
※弊社では初歩から実用までの広汎な教育、コンサルテーションを行います。(NX,MSC)

□スーパーエレメント(SUPER ELEMENTS)

大規模な製品開発に欠かせない機能です。大規模システムをサブアセンブリ、部品レベルで表現し、効率的にシステムモデルを組み上げ、個別評価とシステム評価を並列化することができます。

supper elements

□空力弾性

空力弾性は、おもに航空機の設計に用いられるきわめて効率的かつ実用的な性能評価手法で、今日のジェットの時代を開いた根幹技術です。
数値流体計算などの大規模な計算をせずに、高度な流体構造連成現象であるフラッターや突風応答などを評価します。また、飛行安定性、空力微形数、制御特性評価、ダイバージェンスも評価します。

空力弾性

□DMAP

NASTRANの本当のプログラム言語です。NASTRANのすべての解析機能はDMAPで記述されています。

□DMP-Distributed Memory Parallel

MPIと呼ばれる通信ソフトウェアを使用して、ネットワーク結合された複数のマシンで計算処理を実行する機能を提供するもので、大規模なモデルの計算に効果を発揮します。

関連製品

Femap

Femap

Widowsベースの高性能・汎用プリ・ポストプロセッサー、多彩なCADI/F、高度なFEM I/F、高機能ポスト処理できます。

Femap/Flow

Femap/Flow

ナビエ - ストークス方程式の数値解法による自然/強制対流を加味した高度な熱流体解析プログラムです。

Femap/Thermal

Femap/Thermal

有限差分法熱解析ソルバーであるTMG (Thermal Model Generator)をFemapと連携できるようにした製品です。

関連トピックス

NX Nastran よくあるエラーと対処方法

NX Nastran で解析を実行すると、FATAL ERROR が発生し、解析結果を出力せず、完了してしまうことが あります。 エラーの原因はいろいろありますが、どのような問題が発生したかは FAT


Femap 11.4.2リリースのご案内

Femap最新バージョン 11.4.2がシーメンス社よりリリースされました。 本バージョンは、ダウンロード版でのご提供となりますので、シーメンス社のホームページ(GTAC)よりダウンロードできます。


金属のクリープ現象とクリープモデル

クリープとは 樹脂のブッシュなどが長い間ねじで圧縮されていると、座面部分に跡がついているのをご らんになったことがあるでしょう。ねじの締め込み力が材料の塑性域にあるときは当然こ のような現象がおこりま


NX Nastranにおける固着(GLUE)の応用範囲と制限

目次1 固着(GLUE)とは2 固着のメリット2.1 固着の主なメリット3 固着利用の制限事項4 固着利用の留意点4.1 フットプリントの一致4.2 固着のメッシュ数についての留意点 固着(GLUE)