Femap 11.4.2リリースのご案内

Femap最新バージョン 11.4.2がシーメンス社よりリリースされました。

本バージョンは、ダウンロード版でのご提供となりますので、シーメンス社のホームページ(GTAC)よりダウンロードできます。

Femap Ver11.4.2の主な更新内容は以下の通りです。

ジオメトリインタフェース

以下の最新版のジオメトリフォーマットに対応しました。

  • Parasolid 30.0
  • Solid Edge With Synchronous Technology 10
  • Creo 4
  • NX 12.0

TMG(Thermal Flow)のバージョンアップ

  • TMGのソルバ―バージョンアップ(7.5⇒12.0)
  • TMGインストーラーの統合。Femapインストーラーからオプションとして選択できるようになりました。
  • FemapメニューおよびツールバーにTMGソルバー用の項目が追加されました。
  • TMGの並列計算処理対応

バグフィクス

Femap ver11.4.2は以下のバグフィクスが行われました。

  • 非線形解析で荷重セットオプションの使用をオンにしたときに、NLPARM=0を出力して、解析が流れなくなる不具合を修正
  • PBUSHの応力/ひずみ算出値(係数)が逆に出力される不具合を修正
  • メッシングツールボックスでRBE3要素の接続点(平均ノード)を変更すると、各ノードの自由度とファクタの構成が崩壊する不具合を修正
  • XYチャートで「ベクトル vs ベクトル」のグラフを出力する際に、「データのソート」をオンにして、グラフを作成しても保存できない不具合を修正

Femap with NX Nastran 45日間トライアル版

Femap with NX Nastran 45日間トライアル版についてはこちらに参照してください。

関連トピックス

【FemapV11.3新機能紹介】メッシュリファイン
【FemapV11.3新機能紹介】メッシュリファイン

Femap Ver11.3のメッシュリファイン機能では、リアルタイムでメッシュリファインする可能です。 この機能では、隣りのメッシュを使用してノードの接続性を保持します。また、ジオメトリ上に荷重/拘束条件が設定された場合


SIMCENTER FEMAP V2022.1 リリース&新機能紹介
SIMCENTER FEMAP V2022.1 リリース&新機能紹介

Simcenter Femap最新バージョン 2022.1がシーメンス社よりリリースされました。 本バージョンは、ダウンロード版でのご提供となりますので、シーメンス社のサポートセンターよりダウンロードできます。 &nbs


Femap v11.4 チャート不具合:無効なアウトプットベクトルが選択されました。
Femap v11.4 チャート不具合:無効なアウトプットベクトルが選択されました。

Femap v11.4.0でユーザーが作成したアウトプットベクトル(ID:9.000,000~)をXYチャート上に出力すると、「無効なアウトプットベクトルが選択されました。」のエラーメッセージが表示され、XYチャート作成


大規模モデルでのパフォーマンス改善
大規模モデルでのパフォーマンス改善

FEMAP大規模表示の高速化 バージョン:問わず 目次1 はじめに2 全体パフォーマンスの改善3 ダイナミックローテーションの改善(1) 4 ダイナミックローテーションの改善(2) はじめに FEMAPは動的に表示しなが


関連製品

Femap

Femap

Widowsベースの高性能・汎用プリ・ポストプロセッサー、多彩なCADI/F、高度なFEM I/F、高機能ポスト処理できます。

 NX Nastran

NX Nastran

40年以上にわたって、応力、振動、構造的な不具合、熱伝導、音響、および空力弾性を解析するための業界標準の有限要素ソルバ―です。