Harpe

Harpe(ハルパー)は煩雑になりがちな解析作業から開放するためのツールキットです。有限要素法プリポストFemap©をベースに、Femap ©の機能を最大限に活用して自動化、効率化、高品質化を高度に実現し、CAEをもっと“楽しく”します。

 モデルの自動化

品質の一定化、ウッカリの削減、考える時間の絞り出し

お客様の要望に沿ってFEMモデルの自動生成から、拘束・荷重条件の自動定義、解析までの自動化処理機能を実装することができます。Harpeを使えば、今まで煩雑な手作業工程を大幅削減することができます。

解析結果の再処理

ソルバーから出力した解析結果を再加工して、“つまりはこういうこと“ を見える化します。

Harpeの豊富な演算機能を利用し、応力座標変換、時刻領域の解析結果を周波数領域に変換、CQC計算など高機能な処理ができます。

評価要件に応じて結果のカスタマイズツールの作成も可能です。

ポスト処理の効率化

手がかりを増やし、推理と判断を助けます。

膨大な解析結果を効率良く評価、比較し、推理と判断を容易にします。

レポートの自動生成

考える“時間を増やします。

画面キャプチャーとチャート図を組み合わせたEXCEL, WORD, POWERPOINTの書類を自動的に生成することができます。

カスタムソルバーインタフェース

専用ソルバーやお客様独自の解析プログラムの結果をFemapで評価することが可能で

  • 地盤液状化解析ソフト「FLIP」

その他の補助ツール(一部)

  • Excelからマテリアル / プロパティ生成
  • 疲労寿命計算
  • MeshReformer (三角形メッシュの自動修正)
  • コンタクトリスト、めり込みチェック
  • 最大値・寸法表示
  • バネの自動生成
  • ViewSetter(ビュー管理、画像、動画の自動生成) 試用版ダウンロード
  • その他多数の補助ツールが搭載

 

評価版のダウンロード ダウンロードした評価版は起動してから1ヵ月ご利用いただけます。

関連製品

Femap

Femap

Widowsベースの高性能・汎用プリ・ポストプロセッサー、多彩なCADI/F、高度なFEM I/F、高機能ポスト処理できます。

関連トピックス

Exception Thrown in Femap Graphics code 0002-0031 対処方法

目次1 現象:2 対策:3 その他) 現象: 周波数応答解析結果の複素アニメーションで成分(T3 Accelなどのすべて)を選択すると、[Exception Thrown in Femap Graph


SIMCENTER FEMAP V2020.2リリース&新機能紹介

Simcenter Femap最新バージョン 2020.2がシーメンス社よりリリースされました。 本バージョンは、ダウンロード版でのご提供となりますので、シーメンス社のホームページ(GTAC)よりダウ


Simcenter Femap v2020.1リリース&新機能紹介

Simcenter Femap最新バージョン 2020.1がシーメンス社よりリリースされました。 本バージョンは、ダウンロード版でのご提供となりますので、シーメンス社のホームページ(GTAC)よりダウ


Femap v2019.1リリース&新機能紹介

Femap最新バージョン 2019.1がシーメンス社よりリリースされました。 本バージョンは、ダウンロード版でのご提供となりますので、シーメンス社のホームページ(GTAC)よりダウンロードできます。