3Dレポートツール

3Dレポートツールは、CAE解析結果の各種情報(モデル・条件・物性値・グラフ・アニメーション)をMicrosoft Office文書へ自動出力するツールです。

出力された3D解析結果モデルは、Microsoft Office文書に埋め込み、直接3Dモデルを回転、移動、拡大・縮小などの操作ができます。

3Dレポートツールの特徴
  • 3Dモデルの出力
    • 直接Office文書内の3Dモデル操作(回転・移動、ズーム、アニメーション、…)
  • 画像の自動出力
    • 複数モードまたは時刻歴上複数画像を自動的に連続出力
    • ユーザー指定結果の出力
    • 自動的にExcel, Word, PowerPointに画像を貼り付け
  • 視点、表示モードの記憶
    • ユーザー設定したビューの方向、ズーム、表示結果の種類など記憶し、1-Clickで再現できる。
  • 解析結果の再加工
    • 抽出した結果を係数掛けて再計算や指定数式で再加工可能。
    • 再加工した結果をFemap書き戻し。
  • グラフの自動作成
    • 抽出した解析結果から自動的にグラフを作成する。
    • グラフの形式指定は可能(散布図、ピボットグラフ等)
    • グラフの重ね合わせ等もできる。

※稼働前提条件:Femap、又は、NX(CAE)
※生成されたVTFXファイルは、ホームページに埋め込むことも可能(オプション)


3Dモデルをホームページに埋め込む例

評価版のダウンロード

評価版はダウンロード、起動後1ヶ月間ご試用いただけます。

関連製品

Femap

Femap

Widowsベースの高性能・汎用プリ・ポストプロセッサー、多彩なCADI/F、高度なFEM I/F、高機能ポスト処理できます。

関連トピックス

SOL401 弾塑性大回転の解析-アルミ棒のねじり

はじめに SOL401では多くのすぐれた非線形解析機能が利用できます。 その中の一つ、大ひずみを考慮した角棒のねじり解析の例をご紹介いたします。 断面2x2mm長さ400mmの角棒を0.1秒で10回ね


Femap2021.1表示パフォーマンスの改善方法

目次1 バージョン:2 現象:3 原因:4 原因: バージョン: 2021.1 現象: 2021.1のグラフィック表示速度が以前のバージョンに比べて極端に遅くなる。 主に中規模上のモデルで、厚み表示を


SIMCENTER FEMAP V2021.1リリース&新機能紹介

Simcenter Femap最新バージョン 2021.1がシーメンス社よりリリースされました。 本バージョンは、ダウンロード版でのご提供となりますので、シーメンス社のサポートセンターよりダウンロード


大規模モデルでのパフォーマンス改善

FEMAP大規模表示の高速化 バージョン:問わず 目次1 はじめに2 全体パフォーマンスの改善3 ダイナミックローテーションの改善(1) 4 ダイナミックローテーションの改善(2) はじめに FEMA