Ustar PRE / Ustar SOL:荷重伝達評価プログラム

U*(ユースター)は、慶応義塾大学の高橋邦弘名誉教授が考案(慶応義塾大学の特許)されたもので、物体内部の力伝達を評価する全く新しい構造力学評価方法です。

U*は、構造内部のひずみエネルギーに着目し、構造全体の力分布、伝達を可視化するため、どの部分が荷重伝達経路として重要なのかを知ることができます。

このため、構造健全性を確保したまま、補強する部分や軽量化できる部分がどこであるかが分かり易くなります。

U*製品構成

U*はUstar PREとUstar SOLで構成されています。

Ustar PRE

慶応義塾大学と協同開発したツールです。静的な荷重および、動的な荷重に対するU*の計算を行うための入力データを作成する機能を提供します。U*の計算(処理プロセス)を簡単にするため、

①過渡解析結果の各ステップにおける変位の抽出

②慣性力の計算

③検査荷重法計算(全体剛性マトリックスの計算回数を1回にして、計算時間を短縮)

④U*計算用データの作成と実行

の4ステップで、行えるようにしています。

Ustar PRO

慶大U*計算プログラムをベースに、検査荷重法の結果と荷重変形結果(負荷点反力情報とモデル全体の変位情報)をベースにU*の計算を行います。計算結果は、CSV形式で出力されます。

必要なソフトウェア:

U*計算には、Ustar PRE / Ustar SOLの他、以下のソフトウェアが必要です。

  • Nastranまたは、NX Nastran(Femap with NX Nastranも可)
  • LS-DYNA(動的U*を計算する場合)

CSVの結果データを読み込むことができるポスト処理ソフトウェア(推奨:Femap)

 

関連製品

Femap

Femap

Widowsベースの高性能・汎用プリ・ポストプロセッサー、多彩なCADI/F、高度なFEM I/F、高機能ポスト処理できます。

 NX Nastran

NX Nastran

40年以上にわたって、応力、振動、構造的な不具合、熱伝導、音響、および空力弾性を解析するための業界標準の有限要素ソルバ―です。

U* Star

U* Star

荷重の伝達パスが見える化!物体内部の力伝達を評価する全く新しい構造健全性評価手法です。

関連トピックス

NX Nastran よくあるエラーと対処方法

NX Nastran で解析を実行すると、FATAL ERROR が発生し、解析結果を出力せず、完了してしまうことが あります。 エラーの原因はいろいろありますが、どのような問題が発生したかは FAT


Femap 11.4.2リリースのご案内

Femap最新バージョン 11.4.2がシーメンス社よりリリースされました。 本バージョンは、ダウンロード版でのご提供となりますので、シーメンス社のホームページ(GTAC)よりダウンロードできます。


金属のクリープ現象とクリープモデル

クリープとは 樹脂のブッシュなどが長い間ねじで圧縮されていると、座面部分に跡がついているのをご らんになったことがあるでしょう。ねじの締め込み力が材料の塑性域にあるときは当然こ のような現象がおこりま


定番プリポストFemapを使い倒す!「裏ワザ」公開

この動画はシーメンスPLMソフトウェア株式会社と共同開催したWebセミナーの録画です。 ■セミナー名 : 定番プリポストを使いたおす! ~Femap『裏ワザ』公開 ■日時 : 9月26日(火) 14時