Femap v11.4 チャート不具合:無効なアウトプットベクトルが選択されました。

Femap v11.4.0でユーザーが作成したアウトプットベクトル(ID:9.000,000~)をXYチャート上に出力すると、「無効なアウトプットベクトルが選択されました。」のエラーメッセージが表示され、XYチャート作成できない不具合がありました。(PR 8891224)

本記事はこの不具合の解消方法について説明します。

エラー内容

Femap v11.4.0でユーザーが作成したアウトプットベクトル(ID:9.000,000~)をXYチャート上に出力すると、以下のエラーメッセージが表示されます。

 

対策方法

この不具合を解消するには、Femap APIプログラムを利用します。

※ユーザー定義ベクトルチャート作成不具合対策プログラムは無料で配布しております。必要な方は CONTACTページ よりお問い合わせください。

対策手順

上記添付のAPIプログラムの利用手順を以下に示します。

ダミーのチャートデータの作成

まずはXYチャートを表示させたい「ダミーのチャートデータ系列」を作成します。

APIプログラムを実行

次は添付APIプログラムによりダミーのXYデータ系列を実際のアウトプットベクトルに対応させます。

添付APIプログラムを実行しますと、チャートデータ系列選択ダイアログが表示されますので、ダミーのチャートデータ系列を選択して【OK】ボタンを押します。

次はベクトルID選択ダイアログが表示されます、ここで割り当てたいベクトルIDを選択します。

※複数のチャートデータ系列を割り当てたい場合、上記の手順を繰り返します。

上記の手順でユーザー作成したID90000台のアウトプットベクトルがXYチャート上に描画できます。

 

添付ファイル:

※ユーザー定義ベクトルチャート作成不具合対策プログラムは無料で配布しております。必要な方は CONTACTページ よりお問い合わせください。

免責事項:
本プログラムを実行する前に、モデルファイル等を適切にバックアップしてください。
本プログラムの実行によるデータの損失その他あらゆる不具合、損害が生じた場合についても、当社では一切の責任を負いません。

関連トピックス

Femapによる平面要素のエッジ間固着定義手順
Femapによる平面要素のエッジ間固着定義手順

Femapによる平面要素のエッジ間固着定義手順を紹介します。


Femapインストール直後の初期設定のお薦め
Femapインストール直後の初期設定のお薦め

Femap機能をフルにご活用頂きお仕事にお役立てるようにFemapをインストール完了後、以下の初期設定をお薦めします。 目次1 Femapコンポーネントオブジェクト機能2 TIPSダイアログ3 ファイ


Exception Thrown in Femap Graphics code 0002-0031 対処方法
Exception Thrown in Femap Graphics code 0002-0031 対処方法

目次1 現象:2 対策:3 その他) 現象: 周波数応答解析結果の複素アニメーションで成分(T3 Accelなどのすべて)を選択すると、[Exception Thrown in Femap Graph


Femap v2019.1リリース&新機能紹介
Femap v2019.1リリース&新機能紹介

Femap最新バージョン 2019.1がシーメンス社よりリリースされました。 本バージョンは、ダウンロード版でのご提供となりますので、シーメンス社のホームページ(GTAC)よりダウンロードできます。


関連製品

Femap

Femap

Widowsベースの高性能・汎用プリ・ポストプロセッサー、多彩なCADI/F、高度なFEM I/F、高機能ポスト処理できます。