高バイパスターボファンエンジンの安定性解析

対象モデル

解析対象は下図のBR5.6の高バイパスターボファンエンジンです。

ターボファンエンジン

解析条件

 回転速度0-2400rpmの範囲で、60rpm刻みで解析を行います。

解析タイプは「回転体複素固有値解析」に設定し、300次モードまで考慮します。

また、以下の現象について解析します。

  • 遠心力
  • スタイナー項
  • 減衰(構造減衰0.10)

FEMモデル

FEMは下図に示します。

要素数:48,374, ノード数:47,755

ターボファンエンジン FEMモデル
ターボファンエンジン FEMモデル

 

解析結果

モード1-5およびモード298(332.5Hz)のComplex Mode Shape結果は下図になります。

ターボファンエンジン Complex Mode Shape
ターボファンエンジン Complex Mode Shape

安定性解析結果

キャンベル線図(X:回転数rpm Y:固有振動数Hz)

ターボファンエンジン キャンベル図
ターボファンエンジン キャンベル図

モードNo vs 危険速度(rpm)

ターボファンエンジン モードNo vs 危険速度(rpm) 300モードの危険速度
300モードの危険速度

関連トピックス

ブレーキの鳴き制御解析(複素固有値解析)
ブレーキの鳴き制御解析(複素固有値解析)

目次1 ブレーキの鳴き(現象)2 数学モデル3 ブレーキ剛性の取り込み4 解析モデル4.1 材料データ5 複素固有値解析の設定6 解析結果 ブレーキの鳴き(現象) ブレーキをかけると、摩擦によって構造


SOL401 弾塑性大回転の解析-アルミ棒のねじり
SOL401 弾塑性大回転の解析-アルミ棒のねじり

はじめに SOL401では多くのすぐれた非線形解析機能が利用できます。 その中の一つ、大ひずみを考慮した角棒のねじり解析の例をご紹介いたします。 断面2x2mm長さ400mmの角棒を0.1秒で10回ね


関連製品

 NX Nastran

NX Nastran

40年以上にわたって、応力、振動、構造的な不具合、熱伝導、音響、および空力弾性を解析するための業界標準の有限要素ソルバ―です。